長崎県佐世保市の不動産情報はTBCホーム
TOP Page
賃貸情報
・佐世保中心部 S F
・佐世保北部   S F
・佐世保西部   S F
・佐世保中南部 S F
・佐世保南部   S F
・佐々町      S F
・川棚町      S F
 S=シングル
 F=ファミリー

ペット飼育可
新築物件
店舗・事務所
希望条件登録

来店案内予約
会社概要
地 図
お問合せメール
免責事項
佐世保のご紹介
トップページ 住宅購入時に参考にしてほしい事
住宅を購入することは、人生において最も大きな買い物になると思います。
そこで、不動産会社に行く前にぜひ知っておいてほしい分譲物件や仲介物件の違いや住宅購入の判断基準をご紹介させて頂きます。
まず、不動産会社で取り扱いしている物件には大きく分けて二つの取引形式があります。
それが分譲物件と仲介物件です。

 

【分譲物件】
不動産会社自らが売主として直接物件を販売していることで、マンション1棟全体や建売住宅・土地を区画全体で販売している物件情報のほとんどが分譲物件です。

【仲介物件】
売主から仲介の依頼を受けた不動産会社によって物件取引を行うことで、一般的には中古マンション・一戸建ての物件情報が多いです。
また新築でも一戸単位で販売している物件は、仲介物件の場合もあります。
住宅の購入にあたり、売主と買主の仲介役として取引を行ってきた不動産会社に仲介手数料が発生しますので、事前確認が大切です。


このように住宅を購入する時には、様々な形式や種類があります。
自分がどのような物件を購入したいのか、意思決定をきちんとした上で検討してみると良いでしょう。
また、住宅を購入する時の判断基準も多数ありますので、現在の自分や家族の状況と将来的にどのような状況になるのか、しっかりと未来計画を立てて購入することが重要です。




【住宅購入の判断基準】

仕事や転勤状況
職場で転勤が予想されている方は、せっかく素敵な家を購入したのに、単身赴任しなければならないという場合もありますので、購入時期を検討した方が良いと思います。

住宅ローンの完済年齢
家を購入する時には、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思います。
しかし、将来の年金に不安を抱えている方は、出来るだけ現役世代のうちに住宅ローンの完済を終えたいのではないでしょうか。
そのため、自己資金と住宅ローンの返済額、完済年齢を把握した上で購入するようにしましょう。


佐世保市で賃貸物件や売り土地、売家などを探したいのなら当不動産へご相談下さい。
人気の物件を約500件以上揃えておりますので、豊富な情報の中からお客様の希望にマッチした住宅をご紹介させて頂きたいと思っております。